自然葬の考え方について

自然葬は遺体や遺灰を墓に入れるのではなく海や山に還す葬送です火葬、水葬、鳥葬、風葬、土葬、樹木葬、冷凍葬など自然に還すような葬り方をまとめて自然葬というとらえ方もあります。
自然葬の考え方については二つあります。

一つは散骨というタイプです。

茨城の自然葬に関する最新情報はこちらです。

散骨というタイプは葬儀される側は「自然へ帰りたい」という意思を尊重するために生まれた考え方です。

もう一つは自然を大切にしようとする理念から生まれたタイプです。

墓地などを山の中に作っておいてしまうと自然破壊になってしまうので人工物をおかずに自然を守るという考え方です。

近年では自然葬の風潮が強くなってきています。



その原因は少子化や核家族化によりいままでの家系を重視した墓の管理する体制が維持できなくなってきていることが考えられています。

wikipedia情報選びをサポートします。

また自然葬にはいくつかの決まりごとがあります。
一つは他人の敷地に無断で散灰しないことです。

他人からしてみれば遺灰はごみとみなされるからです。
もう一つは遺骨は必ず3ミリ以下の骨紛状にすることです。


最後は、故人の親族の了解を得ることです。
そして目立たないように散灰することが大切です。

自然の中に静かに還してあげることが故人の意思の尊重することになります。


日本では古代より遺体や遺灰は山や海に還すというのが一般的でした。


しかし、江戸時代になってからキリシタンが増えたことにより墓をつくる風潮ができたと言われています。

そして明治以降には死んだら墓に入らないといけないという考え方が一般化しました。