自然葬を望んだ故人の

近年多くなってきている自然葬での葬送です。

海や山、または決められた場所で樹木の下での埋葬になります。核家族化が進んできている今、自分が入る墓がないというのも多いのです。
また、地方から都会に働きに出てきて、そのまま家庭を持ち、その場所に根を下ろした人には遠くの実家の墓に入るのが後々の家族が面倒に思うだろうとの配慮からもあります。

そして、全く地球全体、それほどでなくても狭い日本の土地で墓が増えることは少なくとも自然破壊の一部を行ってしまうという罪悪感を持っている人もいます。お墓に入れることは遺族が決めるのがほとんどですが、自然葬を希望するのは故人となる人が生前に希望しているのが特徴です。
自分で自然葬で遺骨を海なり、山なり、樹木の下なりへ葬って欲しいと家族に伝えていく場合が多いのです。

生きている間は何かにしばられて窮屈な思いをしている人は多いのです。それからの解放を願うのではないのでしょうか。

お手軽さが魅力の自然葬関連情報を解説します。

亡くなった後に家族や知人とのお別れを通夜。
告別式の形で行い、それから、本当にお別れとなる場所へと向かうことになります。

自然葬を望む人には、きっと、不足、不満はないことだと思うのです。



あるのは生きてきた全てに対する感謝が有るだけだと思います。


そういう気持ちでなければ、静かな想いを持って自然葬を望むことはできにくいと感じます。

コトバンク情報に精通したサイトです。

残されて家族は故人の心を汲んで、希望された方法で別れることができるのは前を向いて生きていくときに大きく力づけてくれます。