思い出の海で眠る海洋葬

ハリウッド映画を観ているとよく灰になった遺骨を海に投じているシーンを見かけますが、今では日本でも海洋葬はポピュラーになりつつあります。
近年では死後にお墓に入ることを希望しない人も多くなっています。

お墓を管理する手間で家族を煩わせたくない人や、将来的にお墓を管理してくれる家族がいない人たちに、樹木葬などの新しい形の埋葬スタイルが広がっていますが、海洋葬もその一種です。

今までに培ったノウハウを活かし、ブログ関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

海洋葬のスタイルには、業者による代行葬タイプと、遺族が他の遺族たちと一緒に船に乗る合同葬タイプがあります。

葬儀会社によりますが、代行の場合は3万円台から10万円ほどの費用がかかり、合同の場合は10万円から20万円ほどかかるようです。

自分たちの親族だけで船をチャーターしたい、というプライベート葬儀の場合は、船のチャーター料金がかかるので20万円以上の費用がかかります。


一般的に海洋葬には、船のチャーター代金と燃料代、スタッフの人件費、献花と献酒代、そして遺骨加工料金と葬儀が終わったという証明書発行料が含まれているので、葬儀費用を支払ってしまえばあとはもうお金はかかりません。


日本で海洋葬が始まった頃はあまり多くの海では行われていませんでしたが、今現在では色々な場所で行われているので、故人の思い出の海に眠ってもらうことが可能になってきています。



横浜港、江ノ島や葉山沖、東京ディズニーランドを臨む東京湾、富士山を臨む西伊豆の海など、散骨可能の海はどんどん広がってきています。