増加している永代供養

高齢化や少子化が問題となっている現在の日本において、将来お墓を守っていく人がいなくなるケースは少なくありません。

現在お墓を守っている人の高齢化によって、お墓参りが出来なくなってしまうことも考えられます。

このような問題を解決する方法が永代供養と言えます。

永代供養はお墓参りが出来ない人に代わり、またはお墓参りをする人がいない場合でも、お寺が責任を持って永代にわたり供養を管理をするお墓のことです。

お骨は一般にあるようなお墓に埋葬するのではなく、納骨室や合同墓に埋葬されることになります。

コトバンクを知るならこのサイトです。

これは、お寺に申し込むことになりますが、当然ながらそこには料金が発生します。


納骨方法によって異なりますが、30万円から50万円が平均的な相場と言われています。この料金を一度支払えば、その後の管理費やお布施などの寄付金は一切かかりません。別の場所に新たにお墓を作るより費用はかからないといえます。

このような永代供養は今非常に増加しています。



増えすぎて、選ぶのも大変な状況になっていますが、ここはじっくりと選んでいかなければなりません。
永代供養墓はお寺や場所などによっては費用や埋葬方法や立地条件も様々ですので、自分が満足できる場所を選ぶべきです。

なによりも一番重要なのは、そのお寺に対する信頼性といえます。

供養を軽く考えているような所には絶対預けたくはありません。



これらの条件を考えて、自分が納得する永代供養墓を探していくべきです。